2016年

3月

16日

人は教えようとしたときに間違える

こんにちは。

 

Dream Artの似顔絵師の佐伯祐一です。

 

 

 

私は「ワイドナショー」という、ダウンタウンのまっちゃんのニュース番組をよく見ます。

 

その中で以前、武田鉄矢さんが「人は教えようとしたときに必ず間違える」と言っていました。

 

あまり聞きなれない表現でしたが、妙に納得してしまいました。

 

間違えるかどうかはわかりませんが、教えようとしたときに自分の「驕り」みたいなものに、恥ずかしくなることはよくあります。

 

だから、できるだけ、人に教えるような口調は避けて話したいと、日々心がけています。

 

 

各業界のベテランと言われる方に、この話し方をしてしまっている方、多いですよね。

 

もちろん、求められている時や、関係性(上司と部下、先生と生徒)が成り立っていれば、教えることは素晴らしいことだと思います。

 

でも、その癖で、求められてもいないのに自論を話し、それが教え口調だったときがあります。

 

これはただの自慰行為ですよね。

 

 

そもそも、世の中のほとんどのことに、万人に共通する確固たる正解なんてありません。

 

個々の目標や、夢によって、正解は変わるものです。

 

だから、どんなに偉い人でも、「目標を共有している相手」「教えを求められて相手」「目標や夢を良く知っている相手」以外に、ものごとを教えてしまったときには、既に間違えているのかもしれません。