2016年

3月

22日

1人でできることなんて、たかが知れてる。

こんにちは。

 

Dream Artの似顔絵師の佐伯祐一です。

 

 

私は、、「絵を描くことを仕事にしよう!」と思っていたこともあり、1人で何でもできるようになりたいと思って約10年間、営業マンをしてきました。

 

そのころの私のモットーは「知らないことは罪」でした。

 

だから、たくさん本も読んだし、無理やり色々な経験をしようとしてきました。

 

おかげで営業マンとしても、そこそこできたほうだと思います。

 

よくよく考えれば、学生のころもそうでした。

 

自分の生まれ育った日本では、もうそれなりに1人で何でもできるつもりになっている私は、1人でパリ行くことにしました。

 

目的は、1人で何でもできることを実感するため。

 

目的地は、なんとなく絵を仕事にするならフランスやろ!って…。

 

正直、楽しむことはできませんでしたが、それなりに自信にはなりました。

 

 

 

でも、実際に今、自分で絵を描くことを仕事にして思うのは、やっぱり1人でできることなんてたかが知れています。

 

現に、たくさんの人に支えられて、今、仕事ができています。

 

お客様はもちろん、仲良くしていただいている同業者、取引先の皆さま、友人、家族。

 

今の仕事を始めてから、このことを実感する機会がたくさんありました。

 

何もかもが、会社員のころと違って、義務じゃないからだと思います。

 

 

1人で何でもできるようになろうとした経験は、もちろん今でも生きています。

 

でも、やっぱり1人より2人、2人より3人の方が、1人1人の力も大きくなるものですよね。