2016年

5月

25日

正解は作り出すもの

こんにちは。

 

Dream Artの似顔絵師の、佐伯祐一です。

 

 

どんなことにも正解なんてありません。

 

哲学、宗教、法律さえも、万物に共通する正解ではありません。

 

なぜなら、全部人間がつくりだしたものだからです。

 

極論、人を殺すことさえも、生物として言うなら、悪とは言いきれませんよね。

 

現に、人間は哺乳類を食することもできるし、人間が人としてのルールをつくるまでは、弱肉強食が正しかったのですから。

 

では、人間はなぜここまで繁栄したのか?

 

正解を決めたからです。

 

その正解が、法律であり、道徳です。

 

 

 

話しが大きく始まりすぎましたが、個人にしても同じことではないでしょうか?

 

人としての「正解」は、先人たちが決めてくれましたが、個人が幸せに生きるための「正解」は、自分で作るしかないのです。

 

 「正解」さえ決めてしまえば、そこに向かっていくだけです。

 

 

個人が幸せになるための方法は、この「正解を作る能力」と「正解を解読する能力」です。

 

たぶん、人生の「正解を解読する能力」は、勉強をたくさんしてきて、いい大学に行った人のほうが優れているでしょう。

 

だから、この教育方針も非常に重要です。

 

 

しかし、「正解を作る能力」は、大多数が向かう人生を歩んできた人よりも、違う道を選んだ人のほうが優れています。

 

「ゆとり教育」で目指したのは、この「正解を作る能力」を育てることだったんだと思います。

 

 

でも、自身が幸せになるためには、どちらかだけが優れていてもダメなんです。

 

「正解を解読する能力」が欠けていると思っている人は、10代のころにサボったツケがまわってきているので、努力するしかありません。

 

でも、そうでなければ、正解を作ってみてください。

 

これは、「人生の目標」ではなく「人生の正解」です。

 

どちらかというと、「自分の法律」と言い変えたほうがわかりやすいかもしれません。

 

達成するもではなく、自分が幸せになるために、守るものです。

 

正解がわかっているのに、不正解に向かっていく人はいませんからね。